第2次ニアス島災害支援検証&交流訪問:MISHOPスタディツアーの会・自主グループ


ニアス地震復旧支援の検証・ニアスでは復旧活動が活発化してきた。一時島外へ避難していた人も島に戻って来た。至る所で建築ラッシュだが建物は依然と地震前と似たり寄ったりで不安だった。
by niasu06
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
関連サイト
TOP
2006年度・総合案内
年間日程&組織体制
第11回マレーシアST
........................................
スマトラ沖地震支援
ニアス島支援報告
ジャワ島地震募金活動
国際協力シンポ・HP
........................................
留学生対応支援
交流総会
フェスティバル
ICU祭
報告会
講演・歓送迎会
UKL-ST・来鷹記録
........................................
2005年度・活動記録
2004年度・活動記録
........................................
お問い合わせ
........................................
三鷹国際交流協会
Nias交流協会
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第2次ニアス島地震復興支援検証&交流訪問報告

>>>二アスからDumanさんが三鷹にやって来た!<<<

二アス独特な伝統文化と伝統家屋群(ロングハウス)・Bawomataluoにて。
↓勇壮果敢なニアスの男。2メートルもの石飛び披露で歓迎。左後方は王様の館。
d0077973_20375947.jpg

.....................................................................................................................
ご挨拶

MISHOPステディツアーの会、および協力者の皆さん、スマトラ沖地震被災者支援委員
会へのご支援、ご声援ありがとうございました。調査隊に参加された皆さんもお疲れ様
でした。

二年前のスマトラ沖地震発生時に地震被災者支援委員会を立ち上げてから、二回に調
査隊を派遣し支援ができましたことは、皆さんの熱意と温かなご協力と励ましの賜物
であったと考えております。皆さんの思いをニアスに運び、形にし、ニアスの復興に
協力できたことは、私にとっても非常にうれしいことでありました。

さらにこの活動は、国際交流協会という市民団体の一グループが海外支援活動を直接
行い、さらに支援後の影響調査まで行った事実は、今後の日本の市民活動の可能性の
拡大に寄与し、市民活動を通してこれからさらに前に進もうとする人たちに勇気を与
えるものになったのではないかと考えております。

今後、10月のNGO交流事業に向け、報告書を作成することを考えております。なに
とぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

■MISHOPスタディツアーの会
ニアス島地震被災者支援委員会
委員長:西田昌之
.....................................................................................................................
>>>民際交流・小さな支援・国際理解<<<小さな試みから多くの信頼が育まれた。

 2006年7月に第1次二アス島地震津波被災の復旧支援活動を行いました。そして1年後の2006年7月6日〜17日の日程で、第2次二アス島復旧支援検証&交流訪問団有志6名が二アス島を訪れました。二アス島は一時島外に避難していた人々が戻って、一年前には想像もつかないほど活況を呈していました。テント村や避難民であふれていた避難所も落ち着くに従って村に帰りほとんど見かけませんでした。初めて訪れた人にはここがあの大災害のあった島?と思うほどでした。

しかし、表向きの活況とは裏腹に大きな災害の痛手は計り知れず、本来の二アス島になるまでにはむしろこれからだと感じました。二アス島は苦難を抱えて復興へ向け、ようやく緒に就いたというべきでしょう。

 二アス島には、世界遺産になっても不思議ではないと思える伝統村落群と家屋建築があります。島民はその伝統を頑に守って独特な文化を築いてきました。二アス人は心優しく素朴で訪れた人はきっと心癒されることと思います。これを機会に二アス島の存在を知り理解を深めることが出来れば幸いです。そしていつの日か、是非二アス島を訪れてみてください。

 以下、今回ささやかな支援活動の合間に見た二アスの現状を紹介いたします。

.....................................................................................................................
事後検証
↓簡易水道改修支援したヒリガノウォ(Hiliganowo)の村の入り口。
d0077973_1215158.jpg

↓急坂を喘ぎながら登りきった一番外れにも水が届いていた。水汲みは子供と女性の仕事だけに格別に嬉しそうだった。それにしてもニアスの子供はよく働く。
d0077973_12165282.jpg

↓みんな一年前の顔なじみ。皆で再訪問を歓迎してくれた。
d0077973_12244031.jpg

↓村の人々の笑顔に支援の結果を確証した。水汲みの苦労を軽減できた女性なればこそのこの笑顔でした。女性が幸せなら全てが円満。本当によかったね〜!
d0077973_12322613.jpg

d0077973_12154782.jpg

↑↓この辺りは避難小屋がひしめいていたが、それぞれの村に帰り平常の生活に戻った。みんな元気かな〜?この辺でハーモニカや歌で交流したっけ。
d0077973_12163271.jpg

↓一年前の様子。
d0077973_10212680.jpg

↓村では新しい教会を造る地鎮祭に参加した。大きな災害や犠牲があった後には新しい教会を造る?前向きに動き出した証拠。頑張れ〜!
d0077973_12593346.jpg

↓別の被災地モアウオ(Moawo)へ支援した手押しポンプと新しい井戸はきれいな小屋の中にあった。大事に使っている様子が感じられた。
d0077973_12115342.jpg

↓支援先を記したプレートがあちこちに。それはMISHOP-STG。
d0077973_12121099.jpg

↓支援で他の井戸も掘り直してきれいな水が。深くて底が見えるかな?もう少し支援金があればこの井戸にも手押しポンプが設置できたが...残念!
d0077973_12123496.jpg

d0077973_12125318.jpg

.....................................................................................................................
あらたな試み
↓文化交流機構NPO法人「円座」より委託されたノートPC4台を運ぶ。4校に寄付された。ニアスのITインフラはこれからでPCもほとんどない状態。ニアスは決して地球の外れではない。このPCで世界とつながることを夢見ている。NGO-Lpam-nias事務所にて。
d0077973_12141835.jpg

↓学校が復興し開校記念式典で寄贈されたノートパソコン。笑顔が全てを語る。この4枚の写真は後日Dumanさんが送ってくれたものです。
d0077973_17514894.jpg

↓沢山の人々が見つめています。ノートPCは特に珍しい。
d0077973_1752151.jpg

↓未来を期待された子供たち。子供の目は大人を見ている。
d0077973_17521250.jpg

↓二アスの伝統衣装。二アス人の誇りです。
d0077973_17522473.jpg


.....................................................................................................................
復興の兆し。世界のサーファーが戻って来た!
↓世界中のサーファーのあこがれ・ニアスの波にもお客が戻ってきた。(ソラケビーチ)
d0077973_12392818.jpg

↓ソラケビーチの波際に建つサーファー向けロスメン。外国人サーファーが来ていた。日本人サーファーも来たといっていた。少しずつ回復して来たようだ。日本のサーファーも是非行って欲しいな〜。いい波が待ってるよ!(津波ではない!)
d0077973_12395139.jpg

.....................................................................................................................
↓普段は心優しく素朴なニアスの男達。その昔、首狩り族だったとは信じがたい。
d0077973_2034181.jpg

第2次ニアス訪問団メンバー(MISHOPスタディツアーの会:6名)
 西田昌之、大胡玲子、林 仁美、池田和子、小高利恵、小高武甫
d0077973_8541964.jpg

*ニアス訪問日程
 2006年7月6日〜17日(最終帰国日:マレーシア経由7月26日)
.....................................................................................................................
■ニアス島地震復旧支援関係サイト
ニアス島ネットワークプロジェクト
MISHOP(三鷹国際交流協会:自主グループ)スタディツアーの会
ニアス島地震災害復旧支援
第1次ニアス地震復旧支援実施報告
三鷹NGO交流会・国際協力シンポジューム
現地NGO・LPAM-Niasホームページ
第2次二アス訪問報告&記録
■第2次二アス訪問記録写真集
第2次ニアス訪問記録写真集:前編
第2次ニアス訪問記録写真集:後編
二アス島概要
二アス島の様子
ヒリガノウォ簡易水道支援実施の検証
井戸掘削&手押しポンプ支援実施検証
文化交流機構NPO法人円座委託のノートPC報告
二アスの学校の様子
伝統集落と家屋(ロングハウス)・刺激的なホームスティ体験
二アスの自然
Nias交流協会
.....................................................................................................................
■メデア
2006年9月9日(土)読売新聞武蔵野版に掲載された記事。

先頭に戻る


→■第2次二アス支援検証&交流の記録
[PR]

# by niasu06 | 2006-07-27 12:25